スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラダ用(生食用)ほうれんそうの加熱調理

2010_1128_mkp1.jpg

サラダほうれん草『早生サラダあかり』2周目の栽培も終わりが近づいてきた。
こうなると、株が育ち切った物から順番に収穫して食べていくのだが、
今回はせっかくのほうれん草だから、加熱調理をしてみようと考えて、
もやしと一緒に炒め合わせてみた。

食べてみる…

ほうれん草の味がほとんどしない。葉の食感はよく、新鮮なはずなのに、味はスカスカだ。
個人的な見解による結論は、
『サラダほうれん草は、あくまで生食用のもの。加熱調理には、緑の強い品種を使用すべし』
サラダ用は、アクが少ないので、生食用として使用できるのだろう。あの『ほうれんそう~!』な
濃い食味は、アクの強いほうれん草だからこそ出るものなのだろうなと考えた。
いいとこ取りとは行かないようである。


2010_1128mkp2.jpg

一方、こちらはミニニンジンのピッコロ。
今日、あら汁を作ったので、乱切りにしてそちらの具として使用してみた。
ブリのあらとゲンゲの頭に大根と人参を昆布ベースのダシで。

おいしそうでしょ?

ブログランキング参加中です
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

みそちゃんとその父等

ミコピ(当ブログ)から
ねこカテゴリ専門ブログとして分化。
ほぼ毎日更新中。
     


カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。